短編アニメーション映画『忘れたフリをして』

0

・あらすじ :ある日漫画家・町田洋の元に「開業50周年を迎えた「船場センタービル」を描いて欲しい」との依頼が届いた。 過去に「うつ病」を患っていた経験を持つ現代を生きる漫画家と、大阪のど真ん中で50年間生きてきた、歳をとったおおらかな商業施設「船場センタービル」の4日間のしずかな対話のお話。

本作は文化庁メディア芸術祭マンガ部門・新人賞受書作家である町田洋の初のエッセイ作「船場センタービルの漫画」を原作に。声と歌を水曜日のカンパネラのコムアイが担当。 監督はアヌシー国際アニメーション映画祭等、数々の海外アニメーションアワードにもノミネートされる大川原亮。そして制作にはクリエイティブアソシエーションCEKAIを迎えた豪華製作陣によって完成しました。

船場センタービル開業50周年記念アニメーション映画 「忘れたフリをして」

声・歌:コムアイ(水曜日のカンパネラ)
アニメーション・監督:大川原亮
原作:「船場センタービルの漫画」町田洋
総合演出・音楽:村井智
企画・監修:濱田龍慈
アートディレクション・題字:松島遥奈
プロデュース:三上太朗
アニメーションスタジオ:CALF
制作:CEKAI
協力:トーチweb
特別協力:船場センタービル

※こちらはYouTubeチャンネルよりご紹介させて頂いております。

動画制作者のみなさまへ
だれでも投稿できるYouTubeではなくF@nTVでオリジナル動画作品を配信してみませんか?
F@nTVではオリジナル作品制作配信はもちろん、YouTube公開のおすすめ作品もご紹介してますが、絞り込み検索機能で見てもらいやすいF@nTVで作品を配信することが可能です。
作品によっては作品冒頭などにCMが入り再生課金の収入を得ることもできます。
ご興味ある方はお気軽にお問合せ下さい。
F@nTVは動画制作者を視聴者と共に応援しています。

0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。